土地・建物の評価額が高すぎる|クレーマーになりました。

なんかもうこの歳になると、色々と疲れる。何をするにも疲れる。

先月購入した物件の評価額がやけに高く、気に入らないのでクレーマーとなり市役所に苦情を言いに行ってきました

自分で言うのもお恥ずかしいんですが、めちゃくちゃケチなので気に入らないとすぐ文句を言うタイプです。これは母の遺伝か。。。

例えば、スーパーの半額シールを貼っているときに「おっちゃんこれも安くして」といったり、ドンキで買い物するときに、商品棚に表示されている金額より10円でも高かったら「これ値段違う!」言い、大阪のおばちゃん化します。

まぁそれは置いといて評価額を下げにいった経緯について少しお話します

目次

土地・建物は評価額は基本安いほうが税金の面で有利

「こんなに高い不動産を私達に相続してくれたのよ〜!今年も固定資産税こんなに請求来たけど仕方ないわね!」

喫茶店で仕事しているときにこんな会話を聞いた。

ん〜そうなのか。

評価額とはは市からあなたの家、土地はこれくらいあるよ!という参考価格みたいなもの!評価額に対して税金はこんだけ払ってね!というときに使われる

まぁ、購入者が住む用の売買がされるときには、この「土地や建物の評価額」は割と重要視されるが、基本的に投資家から見ると一番重視されるのが利回り。

相関関係がある程度あるのは間違いないが、私が住んでいる地方の方だと評価額より大きく乖離した価格で取引されることも多い。

私もその一例で、評価額600万近くの土地建物を100万で購入している。

固定資産税は見直しの異議申し立てが可能

結論:近くの市役所の固定資産税課にいけば評価額の異議申し立てができました。

============================================================

とりあえず不動産取得税の請求が来る前に評価額は下げておきたいと思ったので、評価額は下げれるという情報を元に市役所に飛び込み。

どこの課にいけばいいのか全くわからずとりあえず去年の評価額がわかる書類を取りに行く。(収納課でした)

聞けばなんとかなるか。と思っていたのだが、不動産の登記情報が法務局から市役所に伝わっていなかったらしく「証明できるものをお持ちくださいと」登記簿を家に取りに帰るはめに。

とりあえず、担当してくれた人は可愛かったからすぐに取りに帰りました。

多分おっさんやったらそのまま帰って仕事しとる。

登記簿を持ってきて、今年の固定資産税の明細書を300円で発行して固定資産税課へ。

交渉材料は

駐車場がビタ付できない」「再建築不可」「家と家をかいくぐってやっとたどり着ける物件」「築古」

「尾道に最近移住してきた」

勝手なイメージかもしれませんが、やたらと移住者に対しては対応がよくなるのでそこもアピールしておきました。

「もしさげんかったら尾道から出ていく!」と言おうとも思ったがさすがにわけが分からなさすぎるのでやめました。

航空写真を持ってきてくれて、どうやってこの家入るんですか?など聞かれて、「たしかにこの土地に対しての評価額は少し高すぎますね!12月中に一度調査市に行きますね!」

でその日は終わりました。

相場がほんとにわかりづらい

親から相続された不動産だったり、ローンを組んで購入した家だったり、あまり評価額に対して不満が出てくることはない。

自分は、不動産屋で働いていて、2つ目の家の購入だったのでなんとなく相場はわかってたので、おかしいと思ったりしたのですが、そもそも人生で何個も家を買う人は限られてくるし、それに対して意義を申し立てることができるのをほとんど知らない。

スーパーのキャベツが一玉100円だと安いが、400円だと高い!でも不動産になると桁が変わり、普段触れることがないので更に相場を麻痺らせる。

人生は情報戦だなと。知らないことがあるだけで色々と損するんだなと。

改めておもいました。

不満があればいってみるもん

地方の固定資産税はたかがしれとるやろ!と思う方もいると思いますが、私はそうは思いません。

無駄金は1円も払いたくないので!毎年の固定資産税が3万円から2万円に変わっただけでも長いスパンで見れば大金です。

進展があれば更新していきます。

追記|市役所から連絡あり

調査が入り、評価額が約半分になるとの連絡がありました。2021年度の納税分も見直されますので返還されるとのこと。

もちろん、納税者は前の売り主さんなので、連絡が行くそうです。

不動産取得税の請求が来る前でほんとに良かった。

アパート買いてぇ!!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる