自衛隊

【元自衛隊が本音を暴露】再就職支援制度は使えないのか?←いい会社少ない!

結論、良い企業はあるが自衛官に対して良いイメージを持っている会社は少ない。

任期制隊員に対して、設けられている自衛隊の再就職制度。

果たしてその現実はどうなのか。

\\こんな人はぜひ読んで!//
  • これからとりあえず、自衛官になろうか迷っている方
  • これから自衛隊を退職し企業に勤めようと考えている方

この記事の信ぴょう性

私は、18歳で自衛官候補生として入隊し、

任期終了前に自衛隊の再就職支援制度を活用と同時に、一般の転職エージェントで同時に就活をはじめ、結局、一般のエージェントを使用し再就職に成功しました。

自衛隊の再就職制度(自衛官のあっせん)も見てきたし一般のエージェントの対応も受けたのでどう違うのかも参考になれば、とおもいこの記事を書いております。

そもそも自衛隊の再就職支援制度とは?どんなの?

再就職支援制度とは、その名の通り、自衛隊から一般企業へと再就職を支援する制度。

あぁ!福利厚生しっかりしているなぁ!と思う方もいると思いますが、これにはちょっとした事情があるので解説します。

どこの会社でもそうかもしれませんが、現在自衛官はかなりの人手不足といわれています。

なぜせっかく入隊した方の再就職を支援するのか気になりませんか?

いくつか理由がありますが、一番は入隊へのハードルを下げるために再就職支援がされているのです。

そう、入隊からいきなり定年まで自衛官になれよ!というのではなく、とりあえず自衛官入ってみない?

みたいな感じで広報官に誘われます。

自衛官

再就職支援制度とは自衛隊から一般企業へと再就職を支援する制度

再就職支援制度は使えないのか?←いい会社少ない!

再就職良い企業はあるが自衛官に対して良いイメージを持っている会社は少ない。

→長時間の肉体労働者として都合よく利用できるから採用したい

私も実際に求人票をみたいのですが、〇〇運送!や〇〇警備会社や、空調管理会社やが多い印象でした。

要するにトラックの運転手や、警備会社などが多く、求人票に「夜勤勤務あり」などの記載がある会社が多かったです。

私の知り合いで、自衛隊の再就職制度を利用して退職した元自衛官がいるのですが、

「人の扱いをされないしブラックすぎる」と言って入社1ヶ月でやめた人もいました。

もちろん自衛隊の就職支援制度を活用するメリットもたくさんあります。少しまとめてみましょう!

\\就職支援制度のメリット・デメリット//

メリット
デメリット
  • 自衛隊の任期制度に理解がある企業が多い
  • 大企業に就職できることが多い
  • 〇〇運送!や〇〇警備会社などの肉体労働&長時間労働が多い
  • 自衛官の先輩がいることが多い
  • 自分の気になる業種の求人が少ない場合もある

もちろん他の業種の求人も多くありますので一概に悪いとは言えませんが、再就職支援制度に頼りすぎるのはよくありません。

自衛官

要するに、自衛隊の再就職支援を100%頼るのは危険だということね!

じゃあどおすればいいのか。

重要

それは、再就職支援制度のメリットをうまく利用しつつ、デメリットをカバーするため

一般の転職エージェントと併用で就職先を探すことをおすすめします。

自衛隊の再就職支援の利用資格を説明した後に詳しく解説します。

自衛隊の再就職支援の利用資格←自衛官候補生と定年退職者のみ

自衛隊の再就職支援を受けたいのであれば「自衛官候補生で任期をまっとう」するか、「定年退職する」の2択になります。

自衛官候補生の任期は、2年とされており、いわば契約社員のようなものです。

2年おきに自衛官を継続するか、一般企業に就職するか選択する権利が与えられます。

自衛官候補生以外に入隊する方法として「一般曹候補生」という試験があり、普通の一般人が自衛隊に入隊するのであれば、現在2択と言えるでしょう。

一般人が入隊するならこの2択
  • 「自衛官候補生」←2年おきに更新される契約社員みたいなもの
  • 「一般曹候補生」←定年退職を前提として入隊するコース

再就職支援を受けたいのであれば自衛官候補生として入隊するようにしましょう!

試験の違いについてはこちらの記事で詳しく説明しています。

防衛大や、自衛隊の高校からそのまま自衛官になる人やいきなり幹部にになるための試験もありますが、めちゃくちゃ特殊ですので、今回は省かせていただきます。

途中での任意退職ってできないの?

できますが、かなりの人手不足ですので、簡単には辞めれないのが現実です。

↓こちらの記事で確実にやめる裏技を公開しております。

>>自衛隊をすぐにやめたい人はこちら

自衛隊の、再就職支援制度とその背景にについてわかっていただけたでしょうか?

本題に入っていきます。

自衛隊の再就職制度は本当にポンコツなのか?

整理すると、自衛官の再就職制度を利用して就職できる会社はポンコツなのかということですよね?

このことが事実です。

しかし、自衛隊の再就職支援を全く活用しないのはもったいないと思います。

大手企業で、自衛官に対して良いイメージがあり、福利厚生がしっかり整っていて、収入が高い会社もたくさんあります。

実際仕事中に、同僚が訓練を受けている稼業中に時に転職活動ができるのでそれも魅力的ですよね。

実際に、毎年自衛官の再就職先は、防衛省のこちらのサイトで公開されているのですが、私たちがよく耳にする大手企業の求人も多いです。JALとか

ですのであなたが少しでも良い就職先に転職したいと思うのであれば、

一般の転職エージェントと併用で就職先を探すことをおすすめします。

そもそもやりたいことがない。でもやめたい

自衛官

やりたいことがない。自分の強みがない!

そんな方は、後ほど紹介する転職エージェントになりますが、リクナビのグッとポイント診断がオススメです。

簡単な選択式のアンケートで自分の強みがわかります!

問題数がかなり多いですが、かなり正確で、診断結果を見ると「あー確かにそうかも!」と自分では気づかない自分の強みが可視化できます!

グットポイント診断とは
  • 無料であなたも気づいていない自分の強みがわかる!
  • 診断結果は、リクナビNEXTでの応募時に添付可能!
  • かんたんなアンケート形式で自己分析できる!
  • 応募時に強みを伝えられる
あなたの強みを
見つけます!

会員登録は簡単な情報入力だけなので、5分もかかりません。

私が活用して実際に就職できた一般の転職エージェントとその詳細について詳しく解説しています。

オススメの転職エージェント!この1つでOK

再就職先探しは最王手のリクナビNEXTがオススメ!
リクナビがオススメの理由は、とにかく規模が大きくたくさんの選択肢があることです!
・常時5000件以上の求人を掲載
・毎週1000件の更新・新着求人
・転職決定数NO1
という実績もあります!

後ほど詳しく解説するグッドポイント診断は自分の強みが無料で分析できてしまいます。

一般のエージェントを使用した場合の注意点

自衛官に理解がない普通に一般企業は、任期ということを知らない企業が多いですので、事前に4月からしか入社できませんと伝えるようにしましょう!

まとめ

再就職先を決めるということは、今後の何年もの間その会社に通い続けるものですので、慎重に選ぶ必要があります。

私のお勧めする、一般の転職エージェントと自衛隊の再就職支援の2本立てで大変かもしれませんが、今後より良い人生を送るために、慎重に進路を選んでくださいね!

再就職先探しは最王手のリクナビNEXTがオススメ!
リクナビがオススメの理由は、とにかく規模が大きくたくさんの選択肢があることです!
・常時5000件以上の求人を掲載
・毎週1000件の更新・新着求人
・転職決定数NO1
という実績もあります!

後ほど詳しく解説するグッドポイント診断は自分の強みが無料で分析できてしまいます。
よく読まれる記事
関連記事